図書の整理

大学時代にはそれなりに多くの書籍を購入していた気がする。引っ越しをするたびに書籍も一緒に移動してきた。大学時代の4年間で4回下宿を移動した。その後同じ大学で大学院生となり遅くまで実験することも多くなり寝るだけに帰ることも多く大学院実験室近くに住むことにした。そこは書籍置き場と寝るだけ、たまに簡単な食事を作る生活だった。同じ実験室の先輩が小中高生を教えていた塾の一室に寝泊まりしていたが、彼の就職にため空いた部屋に住むことにした。塾ということで自分の図書を書棚に並べて公開し開放することにした。

その後就職することになったが、ほとんどの図書はそのまま置いて移動した。就職後再び書籍が溜まっていくことになるが、約10年後に実家近くに移動することになる。就職後に溜まった書籍は妻の元と実家に分割されている。

一方いつのことだろうか図書館が自宅から手軽に検索・借り出し予約することが可能になった。その後書籍を購入・蓄積していくことは少なくなった。

従来自分で読破・参照した書籍は書棚などに整理し必要に応じて取り出し、ことさら読書記録として整理する必要性は乏しかった。一方借り出して読んだ書籍については全く記録に残らないことになる。そこで読書記録をつけることにした。インターネットの普及とともに