介護作業の合理化

介護士の作業が被介護者の家族などが十分見えてこない・十分見せるためには付随する作業が大きいなどの状況がある気がします。

介護士の作業は被介護者をトイレ・風呂に連れていったり、夜中に3時間ごとに安否確認したり、 朝の体温チェック 、食事状況確認などです。

介護人は、対応被介護人・実施場所・実施作業項目はほとんどルーチンな場合が多いものの、時には個別の対応が重要なことも多いのは当然でしょう。ルーチン作業については、介護人が各介護情報を共有しながら適宜実施するものでしょう。作業時に人・場所・作業などをコード化しQRコードで読み込ませ、確認状況も星の数などで規格化し、体温などの数値と必要な場合のコメントのみ入力してもらえば済ませればいいように感じました。現在短文などをスマホ入力で行うことが多い状況では、介護士が作業しながら行える環境は、作業の合理化につながると感じました。

母親の居た介護施設では、介護士は介護メモを自分でメモ帳やスマホに記載し、食事をしながらの自由時間などに、PCや取り纏め書類などに記載している状況が見受けられました。

 

現場の報告事項の作成は短時間で済み、管理者は問題点のみまた被介護者の家族との会合時などには被介護者で検索し、介護士の行った