遺品・遺産整理

母親が残していったものが、家には数多く残されている。

両親の老後生活に向けて自宅を新築した。残念ながら新築の家に1年も暮らすことなく父親は急死した。その後母親は元気に暮らしていたが、ある時期から圧迫骨折を繰り返し、最終的には自宅での車椅子生活、その後の施設での生活を余儀なくされた。

自宅新築時の期間中は、近くの解体予定の古家を借りました。旧家屋の解体前に、荷物を適宜リヤカーで借りた古家に、また新築後には借りた古家から適宜荷物を持ち込んだ。

そのため自宅の物品は活用できたものの十分な整理はできなかった。父親の亡くなった時の遺品・遺産は原則新築の家に暮らす母親が引継ぎ整理するという考え方であった。

今回母親が亡くなって改めて兄妹が整理することになった。遺品・遺産の概要は理解していたが、実際に目にしてみると、自分たちの物品の整理を含め気を引き締めてかかる必要があると感じた。